保険を考える

勧誘は避けたいというのが本音

チャイムが鳴り、インターホン越しに話をすると、保険の勧誘という場合があります。多くの人は、保険の勧誘に対しては拒否反応を示します。その理由は、保険が嫌いだからではありません。勧誘と言う行為が嫌いなだけです。つまり自分の意思で決めたことではなく、相手から勧められた物は受け入れられない人が多いということです。「保険の勧誘と宗教の勧誘だけは勘弁してほしい」という言葉があるように、多くの人にとって保険の勧誘は歓迎せざるものなのです。そこで保険会社としては、保険の勧誘に変わり新しい方法を考えました。それが保険相談と言うものです。保険相談とは、保険ショップに顧客自らが訪れ、自分にぴったりの鍵があるかどうかを保険相談係りに相談する仕組みです。

保険相談は保険の勧誘と違い、顧客自ら足を運んでいるため保険の成約につながりやすいのです。このような保険相談が流行っているのは、保険業に対する規制が緩和されたことも関係しています。保険相談の保険ショップは瞬く間に広がり、今や様々な保険ショップが全国に展開しています。保険ショップに訪れた人の具体的な相談内容は、契約している保険が自分の生活に合っているかどうかを知りたいということや結婚したので夫婦で入れる保険に変えたい、生命保険だけでなく車の保険も同時に加入したいなどといったものです。成約率で言うならば、訪問営業やテレアポの場合は成約率は1パーセント未満とかなり低いですが、保険相談による保険の制約率は60パーセントを上回ることもあるのです

情報を集める

保険相談を利用する時に行なった方がいいことがあります。それは前もって自分で保険の情報を集めることです。自分で集めた情報を保険相談に確認することで必要な情報を得ることができます。

探すことが難しい

保険にはたくさんの種類があり、更にプランの種類もあります。そのため、自分に適しているプランを見つけるためにも保険相談をしっかりと利用することが大事になるのです。

大きな買い物

生命保険が「人生で二番目に大きな買い物」だと言われていることはご存知かと思います。 そのため、加入している保険を保険相談で確認することで出費を抑えることができる可能性もあります。

適したプラン

多くの人が高収入を得ている時期では。様々な保険に加入する人がいました。ですが、現在では保険に加入していることで金銭面の負担になる人もいるため保険見直しで自分に適しているプランを選ぶことが大事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加